ダイエットでしぼんだ胸にバストアップサプリを

バストアップサプリの効果が絶大なことばかり言われているようですが、確かに効果が高いだけでなく、女性ホルモンのバランスを崩してしまうということも心配されています。
どうしてそのようなことが起るのか、特にプエラリア配合のバストアップサプリの場合について考えていきましょう。

バストアップ効果はホルモン効果

バストアップサプリによるバストアップ効果は、女性ホルモンであるエストロゲンを補充することで得られる効果です。
プエラリア成分が女性ホルモンと酷似している強力な成分だということから、エストロゲンを摂取しているようなものなのです。
つまりエストロゲンが増えれば、当然バストに脂肪が溜まる作用があり、乳線も広がっていき、バストが大きくハリが出るようになります。

ホルモンバランスは乱れるのか

しかし、エストロゲンをどんどん摂取すればいいというものではありません。
女性の生理のメカニズムは、男性ホルモンのプロゲステロンが増える時期と、エストロゲンが増える時期が交互にきて正常な健康が保たれ、妊娠もできるようになっています。
これを崩すようなことをすればバストアップや妊娠どころか、体がボロボロになってしまいます。
つまりプロゲステロンの分泌の多い時期を無視して、どんどんエストロゲン様の成分を摂取したら、当然ホルモンバランスは崩れてしまいます。
女性の場合、生理のメカニズムでエストロゲンの分泌が多いときと少ないときは、プロゲステロンの分泌の多いときと少ないときとシーソーのように関係しています。
これを崩すことがないように摂取することが重要になるのです。

ホルモンバランスを乱れないようにするには?

まず、摂取量についても、自分にあった分がだんだん分ってくるので、少しずつ増やしていき様子を見ながら適量を知るようにします。
また、摂取の時期も無視できません。
プロゲステロンの分泌の多い時期、つまり黄体期には摂取はしないようにしましょう。
せっかく体がエストロゲン分泌を減らし、プロゲステロンを多くして生理のメカニズムを正常に行っているときにエストロゲン様を摂取してしまえば、ホルモンバランスは乱れてしまうのも当然です。
エストロゲン分泌が増える時期は生理が始ってから次の排卵が終るまでです。
しかし、余裕をみて生理中は避けるようにし、排卵が終った3日目ぐらいまでがバストアップサプリの摂取タイミングです。
ザックリ言うと、生理が終る頃~生理予定日前1週間までということになります。
もっときちんとホルモン状態を知りたい人は、基礎体温をつけると排卵日も分かります。

リバウンドの防ぎ方

ダイエットの憎い敵…それは「リバウンド」です。せっかく思うような体重まで減量できたのに、油断したらすぐに肉が付いてきてしまった…そんな苦い経験をお持ちの女性たちも多いでしょう。

一体どうすれば、この現象を防ぐことができるのでしょうか。

継続的なダイエットの意思を持とう!

体型を変えるためには、習慣を変えるのが基本です。つまりスリムな体型を維持したいならば、スリムな体型を維持できるような運動・摂食制限を、自分自身の「日常」とする必要があります。

もしあなたがファスティングで痩せたならば、基本的にファスティングを続けなければ、体型は維持できません。つまり、「継続的な意思」が大切となります。

過酷ではありますが、長く続ければ、無意識にそれが「習慣」となってくるものです。

短期的なリバウンドは誤差の範囲!

極端に自分の体重を意識するのも、あまり良いことではありません。1から2キロの増減は、ほとんど誤差の範囲内です。

人間の体重は、一日のあいだでもかなり変動します。短期的なリバウンドは見ないフリをして、ダイエットが成功してから半年先の体重を目安としましょう。

仮にその時に3キロ以上太っていれば、それはリバウンドです。また少しずつダイエット生活を始めて、自覚的に体重をコントロールしていく必要があります。

酵素を補充して太りにくい体質にしておく

体内に酵素が不足しているとどうしても太りやすい体質になってしまいます。年齢を重ねている人ほど酵素を摂取しておくことをおすすめします。

酵素は生野菜などからも摂取できますが最近では酵素ドリンクというものがあるのでそちら摂取するととても簡単です。

私のおすすめダイエット方法

ここまでいろいろとダイエット方法を紹介してきましたが、最後に私が最近ハマっているダイエット方法をお伝えしたいと思います。

グータラな女性でも実践できる方法かと思いますので試してみてください。その名は、「レコーディングダイエット」です。

食べたものを記録する、それだけ!

レコーディングダイエットはとても簡単です。メモ帳を用意して、食べたものを小まめに書き込んでいってください。毎日続けていると、肥満しがちな女性は(つまり私のような女性のことですが(笑))、いろいろと余計なものを食べていることに気付かされます。

記録として残すと、それが自分への「戒め」ともなり、自然と食事の回数、間食の回数が減っていきます。摂食制限はとても辛いダイエット法ですが、レコーディングダイエットならば、無意識に、また無理のないファスティングが可能です。

カロリー計算ができればなお良し!

私は最近では、食べたもののカロリーもきちんと割り出して、メモに残すようにしています。すると、「この日は食べ過ぎたな」とか、「あ、この日は意外に食べてない」と成果がよりわかりやすくなって、便利です。面倒ですが、続ける価値はあると思います。

ちなみに私は、この方法を半年続けて、5キロの減量に成功しちゃいました!